スワイパー村写真館体験記 by hcup

幻の国のお姫様たちは写真好きです。 お気に入りの相手ができて親しくなると、かなりの確率で「写真、写真」と女の子から おねだりされます。

カメラをもっているなら、ホテルなどで写真とってあげればとても喜ばれます。 しかし、ここで女の子がおねだりするのは、写真館でウエディングドレスなどで、しっ かりおめかしてとってもらう写真です。

少々値が張りますが、なにせプロ(?)のとる写真ですから、見た目もきれいで見栄え がします。 きっとお姫様はいつまでも宝物のように大切にするでしょう。 もちろん、スポンサーのあなたは大感謝されること請け合いです。

十字路の茶屋の向かいに、雑貨屋 兼 美容院があります。 その2Fが写真スタジオになっていて、ここで写真撮影ができます。 夫婦?で経営していて、奥さんが美容師(化粧と着付け)、旦那さんがカメラマンです 。

場所については、私の投稿した「2000年版スワイパー村地図」を参照下さい。

実はプノンペン市内にも撮影ができる写真館はたくさんあります。 スワイパー写真館の特徴は以下の点です。

 @安いこと

 A女の子が開放的なこと(ねぐらに近いせいか?)

 B自分もカメラマン、スタイリストとして気楽に参加できる こと

この5月に、私 hcup が体験してきましたので報告させていただきます。

まず費用から、

基本料金=10USドル   (化粧代(着付け含む)+衣装代(小道具含む)+スタジ オ使用料)

撮影料金=12USドル〜 (24枚撮影の場合 フィルム代+撮影技術代+プリント 代)

合計 22USドル〜です。

次に所要時間ですが、衣装2種(1回着せ替え)で24枚撮影して1時間半かかりまし た。 36枚撮影で着せ替えをたくさん(MAX衣装5種)すると、2時間はかかると思いま す。 そして、撮影した写真が仕上がるのは翌日以降になります。 どんな手順になるか簡単に説明します。

@お化粧

 1Fの美容院でお化粧と髪のセットをします。  これが一番時間がかかりました(30分くらい)。  私は向かいの十字喫茶よりアイスコーヒーを頼んで、気長につきあいました。  この時点でお姫様はうきうきです。

A着付け

 お化粧が終わったら全員で2Fのスタジオに移動します。  まずはお姫様の好きな衣装を着付けます。  今回は紅白のウエディングドレスを選びました。  ウエディングドレス姿にあこがれるのは万国共通のようです。  お姫様は本当にうれしそうな顔をしていました。  なお、衣装は簡単に脱着できるよう工夫されています。

B撮影

 お姫様が好むポーズ、小道具で撮影を開始します。  だいたいのポーズが決まると、カメラマン(旦那さん)と着付け師(奥さん)が細か い修正を  してくれます。  先にも言いましたが、同時に自分で持ち込んだカメラでの撮影も可能です。  私は合間にどんどん撮りまくりました。

 同じ衣装でポーズや小道具を替えて何枚か撮ったら、衣装をかえて撮影を繰り返しま す  (衣装替えMAX5回?)。 スポンサーは私ですから、お姫様が好きな衣装に加えて、好きな衣装、小道具、ポーズ を どんどんリクエストしました。

C写真受け取り  翌日受け取りました。  写真のできはなかなかです。  お姫様は大喜びです。

 受け取った写真はほとんどお姫様に取られてしましましたが、なんとか3枚ほど手に のこり  ました(ま、自分のカメラで取った写真は全部自分のものになるのでいいか)。   以上です。

私は、またお気に入りのお姫様(できれば新人=写真館未体験)ができたら、こりずに 写真館を利用しようと思っています。